3/21 [Update] 初めてのスマートコントラクト Supported by BlockchainJam

※このイベントはコロナウイルスの影響により延期になりました。開催時期は未定です。

[概要]

Tezosスマートコントラクトで投票プログラムを作ってみよう

Tezosは、Ethereumのようなスマートコントラクトのプラットフォームですが、名前は聞いていても触れた事がない方は多いのではないでしょうか?

このTezosハンズオンでは、Tezosの思想や仕組みの概観を見ながら、 実際にテストネットで投票スマートコントラクトの作成を行う、初級者から中級者までを対象にした実践的な内容となっています。

今回のハンズオンでは、SCamlを利用します。これは、Tezos Japanの理事であり、DaiLambda社の代表取締役でもあるJun Furuseによって作られたTezosスマートコントラクト用の言語です。

SCamlはFacebook、docker、金融業界、大学教育などで広く使われているOCamlという言語を元に作られています。OCamlをすでに知っている方なら、SCamlを使えばすぐにTezosでスマートコントラクトを作成することがでるでしょう。

チュートリアルはOCamlを知らないユーザーにも理解できる内容になっています。プログラミング経験者であればOCamlを知らなくても心配はありません。

[参考文献] [場所]

HashHub 東京都文京区本郷3-38-1 本郷信徳ビル7F

[タイムスケジュール]

3/21(土) 13:00~19:00

  • 13:00〜13:10 趣旨説明 Tezos Japan President Jay Kagawa
  • 13:10~13:15 スポンサー登壇 BlockchainJam Chairman Yosuke Beniya
  • 13:15〜13:35 SCamlの概要説明 Tezos Japan / Dailambda CEO Jun Furuse
  • 13:35〜14:30 ハンズオン1部
  • 14:40〜16:00 ハンズオン2部
  • 16:10~17:30 ハンズオン3部
  • 17:40~18:00 Tezosを触ってみた感触(仮称) Cryptoeconomics Lab CTO Shogo Ochiai
  • 18:00〜 懇親会
[対象者・及び参加条件]
  • プログラミング経験者
  • Linux/Macにて、コンソールでの操作が可能
  • 30名限定
  • 参加費:無料
[参加申し込みフォーム]

※このイベントはコロナウイルスの影響により延期になりました。開催時期は未定です。

3/21 [Update] 初めてのスマートコントラクト Supported by BlockchainJam