2/18 Regulation and Taxation of Proof of Stake Cryptocurrency

2か月に1度、定期的に行っているTezosのミートアップイベントです。

アブラハム・サザーランドは、アメリカの起業家、弁護士、バージニア大学ロースクールの非常勤教授です。彼は現在、暗号通貨のレギュレーションおよび課税方法に焦点を当てており、フロンティア市場における課題の解決策を模索しているSaker Groupのディレクターでもあります。以前、サザーランドは、アフガニスタンの国務省を含め、米国政府でいくつかの役職を務めていました。現在はマレーシアに住んでいます。

サザーランドは、暗号通貨に関連する公共政策とレギュレーションを研究しています。Proof-of-Stakeの経済学は、課税に関する新たな課題を提示しています。世界中の法制では、政府がブロックのバリデーションへの対価であるブロック報酬に対して不当に課税をするリスクがあります。彼は最近、Tezosの例に焦点を当てています。すべてのトークン所有者が検証に参加することを奨励する分散型暗号通貨として、TezosはProof-of-Stakeにおける適切な例であり、優れた政府政策の重要性を提供します。彼は、暗号通貨の経済学と、イノベーションを促進するために公正な課税政策が重要である理由について説明します。

https://coincenter.org/entry/taxing-cryptocurrency-block-rewards

[タイムテーブル/ Time Table]

2020/2/18 19:00~21:00

18:30 開場
19:00 プレゼンテーション開始
19:40 Q&A
20:00 ネットワーキング(フィンガーフードとドリンクの提供)
21:00 開場

[アクセス/ Access]

Neutrino Tokyo 東京都渋谷区桜岡町12-10 住友不動産渋谷インフォスアネックス 1階

https://goo.gl/maps/3iMrGwDXLxmj5rpU7

[参加方法]

※以下のURLよりご参加ください。

https://www.meetup.com/ja-JP/Tezos-Tokyo-Meetup-%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%86%E3%82%BE%E3%82%B9%E4%BC%9A%E8%AD%B0/events/268530970/

2/18 Regulation and Taxation of Proof of Stake Cryptocurrency